代表の赤木がインタビュアーとなった、CNET Japanの特集記事「今、不動産テックを動かすリーディングカンパニー」にインタビュー記事が掲載されました。

今回のインタビューはビットリアルティの代表取締役社長の菊嶋勇晴氏です。

https://japan.cnet.com/article/35136363/

ビットリアルティが提供する「bitREALTY」は、ここ数年プレーヤーが急増した不動産クラウドファンディングとは金額、内容ともに大きく一線を画す不動産ファンドです。

新しい不動産投資を提供するbitREALTYとは、不動産業界にどんな影響をもたらすのか、どんな未来を目指すのかを、ビットリアルティ 代表取締役社長の菊嶋勇晴氏にお聞きしました。

キマール」は、今までになかった不動産売買の業務支援システムです。テクノロジーの活用によって旧態依然の不動産売買ビジネスを激変させ、圧倒的な業務効率の向上と成約数の増加を実現します。

既に展開中の法人向けサービスに加え、個人利用への対応要望を非常に多くいただいたため、個人向けサービスの開始に至りました。今回の個人利用対応にあわせて、招待特典キャンペーンも展開しています。

今後は、基本システムのさらなる拡充と、ユーザーによる物件情報交換会、AI(人工知能)を用いたレコメンドシステム等を実現し、不動産売買の成約増加をさらに加速させていきます。

プレスリリース(PRTIMES)

プレスリリース(PDF)

キマール(サービスページ)

キマールパンフレット(PDF)

代表の赤木がインタビュアーとなった、CNET Japanの特集記事「今、不動産テックを動かすリーディングカンパニー」にインタビュー記事が掲載されました。

今回のインタビューはiYell(イエール)の代表取締役社長兼CEOの窪田光洋氏です。

https://japan.cnet.com/article/35133805/

 iYell(イエール)は、「住宅ローンに日本一詳しい人間」窪田光洋氏が立ち上げた住宅ローンテックカンパニーです。

日本における不動産テックの未来と、住宅ローンが抱える課題とiYellが取り組む業務改善の方法、また起業から3年を経て、退職がほぼゼロという「ホワイト企業」を実現した背景まで、お聞きしました。



代表赤木が登壇した第2回「LivingTech カンファレンス」の記事をLivingTech運営事務局様にご掲載いただきました。
https://medium.com/livingtech/lt2018-realestatetech-01-5394bbbf24b2?fbclid=IwAR0qaJv2o8Y81W42qTTSgH6fubQzPLZr4H7thNd2PfZ4vSJW9qXiARo1eFg

CNET JAPANに代表赤木がインタビュアーとなった「20年後も自信を持って推せる家ハウスマートが目指す公正、透明な家探し」の記事が掲載されました。

https://japan.cnet.com/article/35131966/3/

ビジネス+ITに代表の赤木が執筆した「不動産テックをわかりやすく解説 今なぜ重要?主要12分野の実態は?」の記事が掲載されました。

https://www.sbbit.jp/article/cont1/35131