セミナーインフォ主催セミナー「不動産実業家による不動産テックの活用指南 ~不動産ビジネスへのIT活用と不動産ビジネスの攻略ヒント~」への登壇決定

代表の赤木が、セミナーインフォが主催するセミナー「不動産実業家による不動産テックの活用指南
~不動産ビジネスへのIT活用と不動産ビジネスの攻略ヒント~」に登壇することが決定しました。

◆セミナー詳細
https://seminar-info.jp/entry/seminars/view/1/3782

◆申込URL
https://www.seminar-info.jp/entry/seminars/detail/1/?ids[]=3782

◆開催概要
日 時:2018-02-07(水) 13:30~16:30
場 所:カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)
東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F
参加費:web申込み34,380円 (FAX・PDF申込み35,380円 消費税・参考資料含む)
主 催:株式会社セミナーインフォ

◆セミナー概要
不動産テックは活用して初めて真価を発揮する。しかしながら、不動産業界の特殊性のため、不動産テック活用の勘所は非常につかみにくいものとなっている。このような状況下であるからこそ、不動産ビジネスの仕組みや作法を熟知した人間が、不動産サイドから不動産テックを紐解く必要性が生まれている。不動産実業家でもあり不動産テック起業家でもある講師のもとには、将来の不動産ビジネスに不安と期待をいだく不動産会社、IT会社、不動産テック会社から多くの相談が持ち込まれている。
本セミナーでは、不動産テックの最新事情と不動産業界の特殊性を解説するとともに、具体的相談から体系化された、不動産ビジネスへのIT活用方法とこれからの不動産ビジネスの攻略ヒント、そして、不動産テック活用の勘所を詳しく伝授する。

◆セミナー詳細
1.不動産テックの概要と不動産業界の特殊性
(1)不動産テックとは
(2)不動産テックへの不動産事業者の反応
(3)不動産テックの特徴
(4)分かりづらい不動産テックのビジネスモデル
(5)不動産テックの3強ライバル

2.不動産テックのカテゴリーとサービス
(1)日本の不動産テック業界マップ
(2)カテゴリーと具体的サービスの解説
(a)業務支援
(b)不動産情報
(c)クラウドファンディング
(d)シェアリング
(e)ローン・保証
(f)物件情報・メディア
(g)マッチング
(h)価格可視化・査定
(i)VR・AR
(j)IoT

3.海外の不動産テックと日本との比較
(1)米国の不動産テック業界マップ
(2)英国の不動産テック業界マップ
(3)VCによる不動産テック企業への投資状況
(4)NYの不動産テック状況

4.不動産ビジネスへのIT活用とビジネスチャンス
(1)不動産業界へのIT資本投入と労働生産性
(2)IT活用による売上増加状況
(3)IT導入障壁としての人材と資金
(4)不動産ビジネスへのIT導入ステップ
(5)不動産ビジネスへのIT活用研修によって期待できる成果
(6)助成金を活用した不動産ビジネスIT活用研修

5.不動産テックの展望と不動産ビジネス攻略のヒント
(1)不動産ビジネスにおける情報とは
(2)不動産における2つの情報格差
(3)不動産ビジネスから周辺ビジネスへの展開
(4)不動産テックに必要なもの
(5)不動産IoTのインパクト
(6)不動産テックビジネスヒートマップ

6.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください

CNET Japanの不動産テック特集記事にダイヤモンドメディア武井代表へのインタビューが掲載

代表の赤木がインタビュアーとなった、CNET Japanの特集記事「今、不動産テックを動かすリーディングカンパニー」にインタビュー記事が掲載されました。

https://japan.cnet.com/article/35109283/

今回のインタビューはダイヤモンドメディアの代表である武井浩三氏です。

オーナー目線での不動産テックとは何か、高付加価値、高単価を実践するサービス内容はどんなきっかけで生み出されているのかをお聞きしました。

次回インタビューは、ターミナルの中道代表の予定です。

CNET Japan に不動産テックビジネス研究会の開催記事が掲載

CNET Japanに、第5回不動産テックビジネス研究会の開催内容が掲載されました。

「おとり広告」や「EC詐欺」を食い止める–不動産テックから生まれた新たなデータ活用法
https://japan.cnet.com/article/35110094/

第5回研究会では「不動産×ITディスカッション」を実施し、保有する不動産データを基に「trueper(トゥルーパー)」、「adwhite(アドホワイト)」などのソリューションを提供する、ターミナルの代表取締役社長である中道康徳氏が登壇し、日米の不動産データ価値の違いや、国内で深刻化する“空き家”を悪用する詐欺手口など最新動向などについてトークセッションしました。

デジタルハリウッド大学大学院主催「不動産テックビジネス研究会セミナー」への登壇決定

代表の赤木が、デジタルハリウッド大学大学院が主催する「不動産テックビジネス研究会セミナー」に登壇することが決定しました。

◆セミナー詳細
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000025418.html

◆申込URL
http://gs.dhw.ac.jp/event/171205/

◆開催概要
日 時:12月5日(火):20:00〜21:30(19:30受付開始)
場 所: 駿河台ホール(東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ)
http://www.dhw.ac.jp/access/
参加費:2,000円 (当日会場払い、領収証は支払時に発行)
定 員:100名
主 催:デジタルハリウッド大学大学院 尹煕元研究室内 不動産テックビジネス研究会
共 催:デジタルハリウッド大学大学院

◆セミナー進行
20:00〜21:00: 登壇者による講演
・赤木正幸(リマールエステート 代表取締役社長)「不動産テックビジネス研究会の内容報告」
・尹煕元(シーエムディーラボ 代表取締役社長)「不動産テックは何をもたらすのか?」
・落合孝文(渥美坂井法律事務所 弁護士)「Fintechの業界の動向の紹介~不動産テックでの変化も念頭に~」
20:00〜21:00: パネルディスカッションと質疑応答
・上記登壇者に加え、茂木健一(Gashfara Inc.)他、調整中

CNET Japanの不動産テック特集記事にDVERSE沼倉代表へのインタビューが掲載

代表の赤木がインタビュアーとなった、CNET Japanの特集記事「今、不動産テックを動かすリーディングカンパニー」にインタビュー記事が掲載されました。

https://japan.cnet.com/article/35110243/

今回のインタビューはDVERSEの代表である沼倉正吾氏です。

パース画や3D CADデータで見ていた不動産の内見や建築デザインの確認の形を大きく変えようとしている沼倉代表に、米国で起業した理由から、視覚に加え、聴覚、触覚までをVRを再現しようとしている今後の展開までをお聞きしました。

次回インタビューは、ダイヤモンドメディアの武井代表の予定です。

CNET Japanの不動産テック特集記事にスペースマーケット重松代表へのインタビューが掲載

代表の赤木がインタビュアーとなった、CNET Japanの特集記事「今、不動産テックを動かすリーディングカンパニー」にインタビュー記事が掲載されました。

https://japan.cnet.com/article/35109285/

今回のインタビューはスペースマーケットの代表取締役社長である重松大輔氏です。

時間単位で施設や店舗を貸し借りできるマーケットプレイスを立ち上げ、シェアリングエコノミー業界をリードしてきた重松代表に、日本では事例の少なかったこの業界の会社をなぜ立ち上げようと思ったのか、そしてどうやってこのビジネスを根付かせてきたのかをお聞きしました。

次回インタビューは、DVERSEの沼倉代表の予定です。

国際不動産カレッジ&日米不動産協力機構JARECO主催『第7回丸の内不動産会議』への登壇決定

代表の赤木が、国際不動産カレッジと日米不動産協力機構JARECOが主催する『第7回丸の内不動産会議』に登壇することが決定しました。

日時:2017年11月22日(水)18:30~20:50
場所:東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル4階
エスクロー・エージェント・ジャパン会議室
参加費:3,000円(当日受付払い・税込)
参加申込方法:desk@grec.jp に「氏名、会社名(職業)」を送付

概要:
<第7回丸の内不動産会議 講演会&懇親会>

年末特別企画となる第7回丸の内不動産会議は、世界から2万人超のリアルターが集結する「全米リアルター協会カンファレンス&エクスポ2017」のJARECO参加報告と、特別講演として不動産テック分野専門のリマールエステート代表取締役赤木正幸氏による不動産テック最前線とその活用方法に関する講演会、懇親会となります。

【第1部 報告】
世界最大級!2万人超参加
「全米リアルター協会CONFERENCE&EXPO」参加レポート
レポーター:(一社)日米不動産協力機構JARECO事務局杉浦隼城

【第2部 講演】
2018年の不動産テックをいち早く展望!
「不動産ビジネスの新時代を切り拓く不動産テック」-不動産テック(不動産 ✕ IT)の最前線と不動産ビジネスへのIT活用方法-
講師:リマールエステート株式会社 代表取締役 赤木 正幸氏

【第3部 懇親会】

CNET Japanの不動産テック特集記事にロードスターキャピタル岩野代表へのインタビューが掲載

代表の赤木がインタビュアーとなった、CNET Japanの特集記事「今、不動産テックを動かすリーディングカンパニー」にインタビュー記事が掲載されました。

https://japan.cnet.com/article/35108966/

今回のインタビューはロードスターキャピタルの代表取締役社長である岩野達志氏です。

従来型の自己投資事業やアセットマネジメント事業を運営する一方、いち早くクラウドファンディングという新機軸を打ち立て、個人向け不動産投資インフラの整備に取り組むロードスターキャピタルの、不動産テック企業ならではの強みや、各事業における相乗効果についてお聞きしました。

次回インタビューは、スペースマーケットの重松代表の予定です。

デジタルハリウッド主催『近未来教育フォーラム2017 Augmented Human-人間拡張への序曲-』への登壇決定

代表の赤木が、デジタルハリウッドが主催する『近未来教育フォーラム2017 Augmented Human -人間拡張への序曲-』に登壇することが決定しました。

日時:2017年11月16日(木)18:15~19:30
場所:デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス 駿河台ホール
URL:http://www.dhw.co.jp/forum/program05.html

不動産テックビジネス研究会を通じてみえてきた、不動産ビジネスの未来と不動産テックの可能性を解説します。
また、「不動産の現状課題を紐解き、不動産テックで解決する」ことをめざし、不動産実務家とIT・ファイナンス・法務の実務家とのディスカッションを重ねてきた研究会を踏まえ、普段は交わりの少ない実務家同士が課題の本質を見極め解決策を徹底的に考え抜く研究会の進め方についても示唆を提供します。

CNET Japan に不動産テックビジネス研究会の開催記事が掲載

CNET Japanに、第4回不動産テックビジネス研究会の開催内容が掲載されました。

https://japan.cnet.com/article/35108313/

第4回研究会では、「不動産テックからマンション建替えを考える」とし、旭化成不動産レジデンス マンション建て替え研究所 主任研究員である大木祐悟氏を招き、IT・ファイナンス・法律・不動産のそれぞれの専門家とディスカッションを行いました。

クラウドファンディングによって、不動産小口化商品がますます流通することが想定されるなか、小口化問題の古典でもあるマンション建替え問題を詳細に検証することは、非常に示唆に富む内容となりました。

不動産テックを活用した解決方法として、ブロックチェーンや仮想通貨を用いた不動産取引を活用し、不動産小口化商品のセカンダリーマーケットを作ることも本研究会で検討を始めている。