ニッセイ・キャピタル株式会社より、シードラウンドで総額約5,000万円の資金調達を実施しました

リマールエステート株式会社は、ニッセイ・キャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安達哲哉)を引受先とする第三者割当増資により、総額約5,000万円の資金調達を実施いたしました。
今回の資金調達は、ニッセイ・キャピタル株式会社が運営する「50M PROGRAM ニッセイアクセラレーション(http://www.nissay-cap.co.jp/50m/)」の継続支援先に採択されたことによるものです。

リマールエステート株式会社は、「不動産テック業界マップ」を共同発表するなど、不動産とテクノロジーの相乗効果を追求し、新たな不動産事業価値を生みだし続ける不動産テック企業です。
不動産業界の生産性向上と付加価値向上を支援するシステムとして、不動産売買仲介プラットフォーム「キマール」を開発提供しています。今回の資金調達により、開発体制を強化するとともに、「キマール」の機能拡充を加速させてまいります。

■プレスリリースURL
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000025418.html
https://prtimes.jp/a/?f=d25418-20180530-2041.pdf

月刊プロパティマネジメント 2018年5月号に代表赤木へのインタビュー記事が掲載されました。

http://www.sogo-unicom.co.jp/property/mag/201805.html

【OVERVIEW】
不動産テック導入新潮流
■業務効率化・費用削減から売上向上へ
“to C”不動産テック導入手引き
――赤木正幸氏[リマールエステート]に聞く

CNET Japanの不動産テック特集記事にリブセンスの芳賀ユニットリーダーへのインタビューが掲載

代表の赤木がインタビュアーとなった、CNET Japanの特集記事「今、不動産テックを動かすリーディングカンパニー」にインタビュー記事が掲載されました。

https://japan.cnet.com/article/35117674/

今回のインタビューはリブセンス不動産ユニットのユニットリーダーである芳賀一生氏です。

IT業界に長く携わってきたスタッフが中心となって立ち上げた不動産情報サービス「IESHIL(イエシル)」についてお聞きしました。

スマイスターMagaZineBizにインタビュー記事が掲載されました。

リマールエステート赤木社長 不動産営業における「勘と経験と度胸」を可視化

https://www.sumaistar.com/magazine/article/column/real_estate_tech/6825

資産評価政策学会の学会誌に代表赤木の論文が掲載されました。

「不動産テックの動向と展開」

http://www.japap.org/magazine/magazine_36.html