代表の赤木が、不動産稲門会が主催する、9月例会の講師として登壇することが決定しました。

「不動産稲門会」は1994年に創始さた早稲田大学の職域稲門会(校友会)です。会員は宅地建物取引業の免許を持つ業者、建設業者、また、これに関わる様々な業態の会社から、弁護士、不動産鑑定士、司法書士、公認会計士、税理士、一級建築士、土地家屋調査士等々、国家資格を持つテクノクラートも多く参加されています。

イベントURL

【開催概要】

日 時:2017年9月19日(火)18:00~22:00

場 所:小田急不動産株式会社本社

テーマ:不動産ビジネスの新時代を切り拓く「不動産テック」(不動産 × IT)

~日米不動産テックの最前線とビジネスチャンスの解明~

講 師:リマールエステート株式会社 代表取締役社長CEO 赤木正幸

代表の赤木が、UBIfinance株式会社が主宰する、第217回早朝勉強会の講師として登壇することが決定しました。

イベントURL

開催概要
日 時:2017年9月27日(水)AM8:20~9:30
場 所:東京都渋谷区代々木2-1-1新宿マインズタワー15F 株式会社アビタス内会議室

テーマ:不動産ビジネスの新時代を切り拓く「不動産テック」(不動産 × IT)

~日米不動産テックの最前線とビジネスチャンスの解明~

講 師:リマールエステート株式会社 代表取締役社長CEO 赤木正幸

 

CNET Japanに、第3回不動産テックビジネス研究会の開催内容が掲載されました。
http://japan.cnet.com/article/35106070/

第3回研究会では「不動産×ITディスカッション」を実施し、コワーキングスペースを提供するスタートアップ企業「WeWork」と企業が利活用している不動産を戦略的に扱う「CRE(企業不動産)」戦略の、意外かつ極めて重要な共通点などについてトークセッションしました。

海外先進企業ではすでに実践され日本では約10年前から言葉が広まり始めたCRE戦略と、世界的に有名な不動産テック企業のWeWorkが、クリエイティブオフィスの構築・運用という共通点で結びついていることに、参加者一同は驚くとともに、不動産の課題をひもとくことの重要性を再認識いたしました。

平成29年8月23日に発刊された日刊不動産経済通信の紙面に、不動産テックセミナー開催に関する記事が掲載されました。

不動産テックセミナーは、8月21日と22日の2日に分けて実施し、いずれも約50名の参加となりました。
今回のセミナーでは、リアルタイムWEB投票システムやワークショップを取り入れ、登壇者と参加者との双方向コミュニケーションを試みました。
新しい取り組みの成果もあり、不動産テック業界における課題や展望を、これまで以上に明確に共有することができたと考えています。

不動産テックにおいても、「現状課題をひもとくこと」や「汗をかくこと」が重要であると再認識されました。

 

平成29年8月10日に発刊された日刊不動産経済通信の紙面に、不動産テック資本金グラフとリマールエステートの記事が掲載されました。

リマールエステートが取り上げられる形となっていますが、不動産テック資本金グラフは、不動産テックに精通するコンサルタントの川戸温志氏(株式会社NTTデータ経営研究所)や、株式会社QUANTUMにてCSOを務める井上裕太氏など、同分野を専門とするベンチャーキャピタリストとディスカッションを重ねて作成した成果です。

今後も、こういった不動産テックの専門家達と協力しながら、不動産の課題を紐解き、不動産テックでの解決と価値創造を追求してまいります。